シカゴ キャンディーショー 2019

1.名称等
CHICAGO CANDY SHOW 2019
期間
令和元年5月21日(火) ~ 5月23日(木)
場所
McCormick Place, CHICAGO, IL, USA

出展社等
キャンディー等800社
来場者
約15,000人
出展企業6社
一般社団法人 全日本菓子輸出促進協議会(以下「JAPAN TACOM」)から6社で出展
ギンビス、ちぼり、不二家、カバヤ、ハート、エイワ、事務局の15人参加

会場入り口でm&mの巨大なマスコットのお出迎えを受けて、会場に入ればHERSHEYの巨大な垂れ幕が下がります。

2.全般
APANTACOMは、会員6社でシカゴキャンデーショーに出展しました。本事業は農林水産省様補助事業として参加、農林水産省様には御後援を頂戴して大きな後ろ盾を頂いています。
展示会の会場は、シカゴ市内ですが郊外のためタクシー等の交通手段でないと行けませんので要注意。市内の交通網は基本的にはタクシーか個人所有の車両等が基本。シカゴの街の印象は、歴史のある街らしく、古い建物と新しい高層ビルが混在している街です。
この展示会には、全米はもとより全世界からお菓子の専門バイヤーしか来ないので、お菓子に関して活発な商談が期待できる展示会です。

3.展示会の様相
❶準備日(5月20日)
サンプル品の会場搬入、ブースレイアウトの実施。
TACOMでは、ブース仕様は自作です。

❷展示会期間中(5/21~5/23)
会場内の様子

アメリカらしいキャラクターも

❸参加企業各社ブース仕様

❹バイヤー等との商談風景

4.所見
シカゴキャンディーショーは、キャンディーとスナックと謳っているお菓子の単一の展示会。来場者はお菓子関係のバイヤーのみ。食品バイヤーの中でもお菓子のバイヤーが集まる希少な展示会です。
アメリカのお菓子業界は、寡占が極端に進んでて売り場の棚には、有名どころの数社のお菓子会社(モンデリーズ、M&M等)の商品に占有されている状況。棚1列に同じものが並んでることがざら。
ただ、この展示会は一時大手だけの出展に押されて面白味がなくなり人気が無くなったのですが、近年盛り返してます。その近年の盛況な理由は、アメリカの1000㎞商圏程度の中小企業のお菓子会社が結構力を付けてお菓子の品質が向上している事が人気を盛り返した一因かと思います。これらの中小企業の商品は味覚等品質は侮れないと感じさせるものが多いです。
その他、世界から有望な商品が並んでいて、バイヤーが欲するものがあると感じさせられる魅力的な展示会です。