The 28th TAIPEI INTERNATIONAL FOOD SHOW

1. 名称等
FOOD TAIPEI(The 28th TAIPEI INTERNARIONAL FOOD SHOW)
期間
2018年6月27日~30日
南港展示館
Taipei Nangang Exhibition Center, Hall 1  1F と 4F

出展企業1
132社、61803人(2017年実績)

(一社)全日本菓子輸出促進協議会(以下「JAPAN TACOM」という)出展企業
ジェトロ様ブースにて出展(6ブース)13社

地下鉄・モノレール駅隣接、バスと交通便良好

2. 全般
本展示会への出展は、3年目である。昨年は2社の出展であったが今年は13社6小間で出展した。
JAPAN TACOMにとって台湾は最も輸出額の多い国・地域のひとつであり重要な国・地域のひとつである。国状として台湾は極めて親日的であり、市内のコンビニにも日本と同様なお菓子が並んでいる世界でもまれな国・地域である。JAPAN TACOM会員にとって市内のコンビニにまで自社製品が並んでいる状況はとても嬉しいものであり、その状況に満足してしまうのも仕方ないところである。また、輸出額が他の国よりも多いことから、市場は飽和状態にあると勝手に自己分析していた点がある。しかし、近年、本フード台北のような展示会等に出展し現地バイヤーとの関係強化等の努力を怠ったためか輸出額が漸減傾向にある。このような現状に理事会等の会合で台湾への輸出に関して危機感を持つ意見が多くなってきており、減少傾向を食い止める努力が必要との認識で一致している。よって、新規バイヤー等の獲得による販路開拓あるいは既存バイヤーとの関係深化等のために、フード台北展示会に出展して現地バイヤー等との引き合いの再確認または新規顧客の獲得等を実施する必要があるとの意見で纏まり今回の出展となったものである。
本展示会出展事業は、農林水産省様補助事業であり、当協議会のように中小企業の多い団体にとって、物心両面で海外での販路開拓に勤しむ為の安心して活動できる大きな後ろ盾を頂いている。
以下に展示会の状況及び所見を記す。

3. 展示会 6/27~30
❶展示会の様子

初日の出足は昨年に比較して会場全体で人の入りが良く多いように思った。
また、27日午前中にジェトロ石毛理事長がJAPANTACOMブースを視察され、JAPANTACOM小高理事長と会合を持って頂き、台湾による東日本5県の輸入禁止問題等の意見交換を実施した。
その後の2日目、3日目とも昨年以上にバイヤー等が来訪してくれて商談を活発に行った。

❷他国パビリオンの状況
ア.中国

黒竜江省、吉林省、福建省文字が見えるが、来訪するお客様もほとんどいない状況でブースは閑散としている。ここだけ見ると違う展示会場に来た印象を受ける。この傾向はどこの国際的な大きな展示会に行っても同じで、中国ブースは来場客もまばらである。

イ.韓国
韓国は日本パビリオンの次に人気を集めていたように思う。近年の追い上げには危機感を抱く。

ウ.その他の国々

4.お客様の反応
❶台湾の人達は中国本土の中国人と一緒にされるのを酷く嫌うのは接客していて良く感じた。通訳の子達もその意識が強く本土の中国人とは全く違う人種であると言っていた。
端的に表すものとして上海等の中国本土の展示会と違って入場時のゲートチェックの際も行儀よく順番を作って並んで入場していた。昼食等のコーヒーを買う際にもしっかりと列を作って並んでいるので割込み等出来ない状況である。
❷サンプル
最終日は一般客向けに試食品を配った。試食品を展示台においていてもなくならない。また、中国本土の展示会のように黙って持って行かないのでサンプルだよと伝えて配布した。

5.所見
JAPAN TACOMとしては、本展示会への参加は昨年に引き続いて3年連続である。本展示会の様相を言えばお客様の入場者数は、非常に多いがすべてバイヤー等とは限らない。入場者もバイヤー主体と言いつつも初日からひと目で一般の人と分かる人たちが入場していた。そんな中、大手日系百貨店のバイヤーや大手スーパーのバイヤーに昨年より多く来訪して頂いて活発な商談を会員達と展開できた。
バイヤーが昨年よりも多く来訪して頂いた背景にはジェトロ様の大手バイヤー招聘に格段の御助力を頂いた結果であると感謝申し上げます。
当方が事前に調整していた台湾国内はもとより、中国本土、香港、韓国、マレーシア等の海外からのバイヤーも数多く来訪して頂いて、新商品等のアピール等活発な商談が各所で実施された。
終わりに多大なるご協力を頂戴したジェトロ様に感謝申し上げる次第です。

JAPAN TACOM 集合写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください